条件を絞り込む

キーワード

業界

地域

設立年度

~

従業員数

~

キーワード

就業者数

日本郵便株式会社
日本郵便株式会社

東京都千代田区大手町2丁目3番1号

ヤマト運輸株式会社
ヤマト運輸株式会社

東京都中央区銀座2丁目16番10号

イオンリテール株式会社
イオンリテール株式会社

千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目5番地1

イオンリテールストア株式会社
イオンリテールストア株式会社

千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目5番地1

トヨタ自動車株式会社
トヨタ自動車株式会社

愛知県豊田市トヨタ町1番地

日本生命保険相互会社
日本生命保険相互会社

大阪府大阪市中央区今橋3丁目5番12号

パナソニック株式会社
パナソニック株式会社

大阪府門真市大字門真1006番地

第一生命保険株式会社
第一生命保険株式会社

東京都千代田区有楽町1丁目13番1号

佐川急便株式会社
佐川急便株式会社

京都府京都市南区上鳥羽角田町68番地

パーソルテンプスタッフ株式会社
パーソルテンプスタッフ株式会社

東京都渋谷区代々木2丁目1番1号

株式会社WOW GROUP
株式会社WOW GROUP

大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング3F

日清医療食品株式会社
日清医療食品株式会社

東京都千代田区丸の内2丁目7番3号

TKJP株式会社
TKJP株式会社

東京都港区芝2丁目3番9号

株式会社デンソー
株式会社デンソー

愛知県刈谷市昭和町1丁目1番地

ピーピージー・ジャパン株式会社
ピーピージー・ジャパン株式会社

愛知県みよし市黒笹町小持松1123番地1

株式会社東邦カード
株式会社東邦カード

福島県福島市大町4番4号

JFEスチール株式会社
JFEスチール株式会社

東京都千代田区内幸町2丁目2番3号

東日本旅客鉄道株式会社
東日本旅客鉄道株式会社

東京都渋谷区代々木2丁目2番2号

明治安田生命保険相互会社
明治安田生命保険相互会社

東京都千代田区丸の内2丁目1番1号

ダイハツ工業株式会社
ダイハツ工業株式会社

大阪府池田市ダイハツ町1番1号

漬物・煮物・大豆製造業界の会社 (3.019)

鹿児島くみあい食品株式会社

鹿児島くみあい食品株式会社

  • 鹿児島県鹿児島市鴨池新町15番地
  • 農産物の生産から加工までを一貫して手掛ける会社である。また、契約農家で生産された漬物用大根の加工やさつまいも等の冷凍加工などを行う。加えて、黒酢の商品開発に取り組み、ショッピングセンター内に出店した自社店舗で販売する。その他、太陽光発電設備を導入し、九州電力と提携した売電事業を行っている。

株式会社ミトヨフーズ

株式会社ミトヨフーズ

  • 香川県三豊市財田町財田上6221番地
  • 食品製造ならびに卸売、商品開発および販売を行う。主になめ茸や竹の子、希少糖入り商品など、香川県三豊市の食材を使った商品の販売を手掛ける。また、オンラインショップも運営しており、Webでの販売を行う。

株式会社丸美屋

株式会社丸美屋

  • 熊本県玉名郡和水町内田2211番地
  • 「お城納豆マミ」などの納豆や「お城とうふトントン奴」などの豆腐の製造および卸売を手掛ける。また、茶碗蒸しなどの製造も行う。


タカノフーズ関西株式会社

タカノフーズ関西株式会社

  • 三重県松阪市嬉野天花寺町字赤坂647番地
  • タカノフーズ株式会社の100%持ち株子会社として、「おかめ納豆」の製造を行う。

味富士株式会社

味富士株式会社

  • 兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目13番地4
  • ごぼうなどの山の素材や、小魚などの海の素材を使用し、佃煮の製造を行っている会社。特に、昆布や黒豆、ふきは厳選して取り寄せており、素材を厳選しているところが特徴である。単品のみならず、詰め合わせ商品も販売しており、贈答用の包装も請け負う。また、通販サイトを運営しており、ネットで商品を購入できる。

株式会社みむら

株式会社みむら

  • 徳島県名東郡佐那河内村上字野神原25番地
  • 黒米や赤米ならびに緑米など、古代米の栽培および販売を行う。その他、古代米味噌や焙煎飲料など加工品も販売する。また、田植えや収穫などのイベント企画のほか、人材育成や能力開発セミナーの企画運営も手掛ける。

伊勢屋食品株式会社

伊勢屋食品株式会社

  • 大阪府堺市堺区向陵中町1丁1番1号
  • 水ナス漬けをはじめとした旬の野菜の漬物・梅干し等の製造と販売を行う。素材の味と鮮度を活かした製法にこだわりをもつ。商品は電話・fax・インターネット通販で購入可能となっている。

有限会社川松食品

有限会社川松食品

  • 新潟県新潟市西区松美台6番3号
  • 新潟県新潟市にて、豆腐の製造および販売を手掛けている。

株式会社東京梅屋

株式会社東京梅屋

  • 東京都世田谷区北烏山4丁目40番17号
  • 関連会社である有限会社梅屋ファームが有する農園にて栽培された南高梅の販売を行う。また、化学調味料などを用いていない梅干や梅肉エキスの製造販売を手掛けており、Webサイトでの販売も行っている。

湖北松商株式会社

湖北松商株式会社

  • 滋賀県長浜市三田町1372番地
  • 滋賀県長浜市に拠点を置き、ダストコントロール商品や布おしぼりのリネンサプライおよび清掃モップや玄関マットの洗浄などを行う。また、紙おしぼりの製造などを手掛ける。さらに、「松井の山菜漬け」と「どくだみ茶」の生産も行う。MAUグループの一社である。

株式会社柳澤

株式会社柳澤

  • 長野県上田市塩川2769番地2
  • 栗や花豆およびくるみ、野菜などの甘露煮や甘納豆の製造を行っている。また、信州産クルミの取り扱いなども手掛ける。Webサイトでの販売を行う。

株式会社つきぢ味幸堂

株式会社つきぢ味幸堂

  • 東京都中央区築地4丁目14番1号
  • 築地場外市場にある店舗と楽天市場で、からすみ・キャビア・このわた等全国の珍味を販売する。また、西京漬けを製造しており、銀だら・目鯛・さわら等多くの種類の商品を取り扱う。他にも、豚バラ西京味噌焼きセットなども販売している。

株式会社田中商事

株式会社田中商事

  • 鹿児島県鹿屋市古前城町9番25号
  • 主に納豆の製造および販売を行っており、大粒納豆から中粒、挽き割りなどを取り扱う。また、納豆菌を使用した花の栽培やガーデニング用の活性水、自社ブランド「miz-miz」として掃除用水「そうじの水」などの製造および販売も行う。商品は店舗での販売の他に自社Webサイト上でも販売している。

株式会社ぬた屋

株式会社ぬた屋

  • 茨城県古河市中央町3丁目8番5号
  • 主に鮒や鮎の甘露煮を取り扱っている。また、鮎や小エビ、ハゼなどの甘露煮や佃煮を製造する。その他、電話やFAXでの注文を受け付けている。

株式会社長登屋

株式会社長登屋

  • 茨城県水戸市東前町1397番地1
  • 茨城県水戸市を拠点に、菓子や漬物ならびに麺類などの製造および卸売を手掛ける。また、キャラクター商品や健康食品の製造および卸売のほか、商品企画を請け負う。

株式会社ナカタ

株式会社ナカタ

  • 和歌山県田辺市下三栖1475番地の130
  • 梅を加工した食料品や飲料品の開発・製造を行っており、製品は直売店とインターネットでの通販にて販売している。JASやISO認証による品質管理のもと、一般小売店や業務用向けに多様な製品を製造しているのが特徴。

旭松食品株式会社

旭松食品株式会社

  • 長野県飯田市駄科1008番地
  • 子会社である旭松フレッシュシステム株式会社と共同で、高野豆腐を主力とした加工食品の製造および販売を行う。また、即席味噌汁に加え、スープ春雨などのインスタントスープの製造ならびに販売も手掛ける。さらに、筑前煮や五目豆、きんぴらごぼう及び切干し大根などの野菜加工品も取り扱う。その他、おからパウダーや納豆ベースのおつまみなどの製造販売も行っている。加えて、自社ECサイトでの加工食品の販売にも対応。中国にも子会社を保有し、即席味噌汁用具材料の製造や中国産品の貿易業、自社製品の中国での販売を担当する。

株式会社やまみ

株式会社やまみ

  • 広島県三原市沼田西町小原字袖掛73番地5
  • 本社工場および関西工場において、大豆・にがり等から豆腐・厚揚げ・油揚げ・惣菜・水産練り製品などを製造し、小売業・卸売業・外食業・コンビニエンスストア等に販売する。その他、調理用の商品として「切れてるおとうふ」「おからパウダー」「刻み揚げ」等も取り扱っている。また、機械化により作業員の手の触れる部分の限定、一部ラインの完全自動化および機械による加熱冷却殺菌による衛生面への配慮を行う点が特徴である。

マルサンアイ株式会社

マルサンアイ株式会社

  • 愛知県岡崎市仁木町字荒下1番地
  • 主力は「調整豆乳」などの豆乳や即席みそ汁、調理みそなどの大豆原料の製品で、創業以来大豆にこだわった商品開発を行ってきた。豆乳、みそは共に高いシェアを誇り、他にも鍋スープやレトルト食品を販売している。特徴の一つとして研究開発に力を入れており、大学との共同研究を行うなど商品の製造技術の蓄積・向上に取り組む。アメリカ、中国での海外事業も展開し、中国では中国国内はもとより、日本向けの業務用みその製造も行う。柱の一つであるみそは米飯の減少や食の多様化により売上が減少しているが、もう一つの柱である豆乳は、2016年に発生した熊本地震の影響から一部豆乳製品が休売となったものの、健康志向を背景に好調が続いている。結果として豆乳の売れ行きがみその不調分を補い、全体の売上高は増加している。